私たちにとって「牛」は、かけがえのないパートナーであり、愛着もあります。その関わりの中で「たくましい牛を育てたい」という想いは牛飼いとしての誇りです。牛がストレスなく快適に暮らしているからこそ健康に育ち、結果的に高い評価につながっているのです。

(写真をクリックすると拡大します)

主な施設リスト ~気になる番号クリックしてください~

①オートメーション牛舎

当社では、早くから牛舎内にロボットを導入し、活用してきました。特に、「給餌」や「搾乳」分野においては労力が必要となります。マンパワーによる対応だけでは限界があったと同時に、各メーカーが開発に力を入れていたこともあり、思い切ってロボットの採用に踏み切りました。
 実際、ロボットの威力は絶大です。これからの農業を支える大きな力になることは間違いありません。金額的に大きな投資となりますが、生産性向上や企業の将来性を考えた場合、予想以上のリターンが期待できます。

②つなぎ牛舎

当社の前身である「加藤牧場」時代から使用している牛舎です。

③保育舎・育成舎

当牧場では毎日のように子牛が誕生しています。子牛を育てる保育舎、またそれ以降の子牛を育てる育成舎を備えています。保育舎では自動哺乳機が大活躍です。

④ショーバーン

ショーバーンでは、主に共進会などに出品するショーカウ(かっこいい牛)、遺伝的に優れた牛ハイゲノムカウ(経済効果に優れた牛)などを19コのマスで1頭ずつ飼育しています。

⑤バイオガス施設

牛から大量の糞尿が排出されることによる「バイオガス」を貴重なエネルギー源と考え、当社では2018年にバイオガスプラントを建設し稼働させました。
 すべてバイオガスプラントに集め、プラント内でバイオガスと液肥に分離します。ガスは発電するための燃料として、また液肥は土づくりの養分としても活用できます。
 いかに環境にやさしく、そして負荷をかけずに酪農経営を持続させるかは非常に大切なテーマです。将来的には、牧場内で全てのエネルギーをまかなうとももに、エサづくりや土づくりも実践する「循環型酪農」を目指しています。

⑥第1事務所

⑦第2事務所

アクセス情報

ADDRESS

北海道紋別郡湧別町信部内7

Contact Us

Email : sealake2009@icloud.com

@2018 SEA-LAKE All rights reserved